実務未経験でもすぐに開業できるか

 社会保険労務士として開業を考えている皆さんの中には、「実務未経験では話にならないよね」「まずはどこかの事務所で経験を積まなければ、開業なんて無理?」と、思い切って開業に踏み切れない方もたくさんいらっしゃると思います。いざ開業しても「仕事がなかったら」「経験不足で何かミスしてしまったら」等、あれこれ考えれば考えるほど、不安が膨らんで二の足を踏んでしまうもの。

ですが、社会保険労務士として開業し、第一線で活躍する先生の中には、意外にも“実務未経験”からの挑戦者が多いのが事実。社会保険労務士は、未経験からの開業でも充分に戦うことの出来る資格です。


 社会保険労務士として開業する際、実務経験以上に求められる要素があります。それはズバリ「営業力」です。これは何も社会保険労務士に限ったことではありませんが、自営業として成功する上では、そのように自分の仕事をアピールし、お客様を作っていくかが大変重要になります。一方で、どんなに知識や経験があっても、それを披露する場所や相手がなければ、仕事につながることはありません。


「仕事や自分自身をアピールする」というと、一般的なイメージとしては体育会系のガツガツした営業スタイルが連想されがちですが、開業社会保険労務士のような士業の場合、こうした方法では仕事がとれるどころか、むしろマイナスに作用しかねません。
社会保険労務士の場合、理想的な営業とは「お客様の話を聞くこと」であり、そこから「ニーズを探り、適切なサービスを提供すること」が一番の仕事の目的となります。
ニーズがあって初めて成り立つ仕事ですから、あまりガツガツ、一方的にアピールするのは得策ではありません。


 こうした営業の基本を踏まえ、ご自身のこれまでの経験からどんなことが出来るか、どんな方法でお客様のお役に立つことが出来るのかを考えてみましょう。
社会保険労務士の分野での経験はなかったとしても、やれることはあるはずです。また、専門分野以外のプラスαが、同業との差別化につながるということもあり得ます。
未経験ならそれなりのスタンスで、挑戦していきましょう。努力を積み重ねていれば、経験はおのずと後からついてくるものです。