ダブルライセンスは必要か

 社会保険労務士として開業する際、もしくは開業後、さほど経験や営業力に自信のない方の場合、「ダブルライセンスでないと厳しいのでは」「もっと他に資格でも取った方が良いのではないか」と考えがちになります。
確かに、開業社会保険労務士として第一線で活躍している先生方の中には、社会保険労務士の他にも行政書士や中小企業診断士、FP等の資格を保有している方も多く、それぞれの仕事で安定した収入を得ているケースというのも多々あります。
しかしながら、もしも皆さんが何の実務経験もなく、ただの不安から新たな資格取得を目指すのであれば、これはやめた方が良さそうです。たとえ資格に合格できたとしても、“未経験からの開業”という意味では、社会保険労務士のケースと同様。資格数を増やすことで、開業の苦労・負担をさらに倍増させてしまうことにもなりかねません。


 そもそも、実務未経験の状態で、ただ資格の数だけたくさんあっても、実務上即活躍できることは非常に稀です。資格合格は単なるスタートに過ぎず、実際にはそこから試行錯誤し、仕事を得て経験を積むといった努力が不可欠。このことは、社会保険労務士としてすでに開業している方であれば実感としてお分かりになっているのではないでしょうか?
そうであるにも関わらず、社会保険労務士としての開業が上手くいかないからといって、「他資格の取得」に逃げても結局は同じことで、資格取得後スムーズに仕事につながる道理はありません。
ならば、他資格取得にかける時間もお金も社会保険労務士としてのキャリアアップに費やすこと、つまりは「本業に集中すること」に専念された方が、将来的に考えて有意義であると言えましょう。


 もちろん、経営戦略的に考えて「絶対にこの資格が必要」という場合や、開業社会保険労務士として軌道に乗ってきたから仕事の幅を広げるといった場合には、積極的に他資格の取得をされれば良いと思います。
ただし、ビジネスにおいては「資格さえあればOK」というわけにはまいりませんので、その点はくれぐれも覚えておくべきです。