評価も仕事もUP! ダブルライセンス

社会保険労務士になったら、求人を頼りに勤務型として企業に入ることもできれば、開業型で事務所をオープンすることもできますね。すぐに開業しなくても、他の法律事務所なんかの求人を見つけて雇ってもらうという手もありえます。


ところでこれらの中でどんな方法をとるにしても、共通して自分の立場を有利にできる可能性がある方法があります。それは「ダブルライセンス」ですね。つまり、社会保険労務士のほかにも何か、ステイタスがある資格を取得するということです。


社会保険労務士になるのも楽ではないですし、また難しい試験を受けることを敬遠する人も多いでしょう。もちろん無理にダブルライセンスをする必要はありません。だいたい社会保険労務士は、単独でじゅうぶんにやっていける資格ですから。


それでも、ダブルライセンスにはいろいろなチャンスがありますね。求人を探して応募するときは、履歴書にかける資格が増えることになり、高い評価を受けられるチャンスが急増します。


それに最終的に開業を狙う場合でも、効果にはかなりの広がりがあります。まず名刺や看板に掛ける資格が増えますから、依頼者に与えるイメージは増幅しますよね。それに、やれる仕事の幅が広くなります。


それではどんな資格だったら、社会保険労務士のダブルライセンスに向いているでしょう?  たとえば、日商簿記の2級やFPの2級・AFPあたりだったら、企業に入るときにおおいに評価されそうですね。人事部や総務部といった部署に入るなら、財務や金融の知識は歓迎される傾向がありますから。


開業を狙う場合だったら、行政書士や中小企業診断士あたりなら効果が高そうです。行政書士の資格があるとさまざまな書類作成を請け負うことができるため、多くの業種で役立つチャンスがあります。また中小企業診断士の資格があれば経営コンサルティングをすることができますから、大企業ではない顧客を持つ場合にさまざまなサービスを提供できるチャンスが持てることでしょう。


ダブルライセンスは、本当に狙うならもちろんかなりの努力が必要になります。肝心の社会保険労務士の業務が手薄になってはいけませんが、やる気があるなら、かなりの成功をおさめることができるでしょう。