新米社会保険労務士がよく使う収入稼ぎ法

社会保険労務士として登録してまだ間もない新人のうちは、どうやってこれからの人生を切り開いていこうかと毎日のように考え続けていても不思議ではありません。ネガティブ思考の人だったら不安でいっぱいになっているかもしれませんね。私も最初のうちはもちろん悩んでしまうことも多かったものです、今思うと懐かしくてたまらないのですが。


特になかなかいい求人が出てこない場合や、開業して仕事が見つからない場合は心配もひとしおでしょう。しかし人間はそんなときでも食べていかないといけません。だからこそ預貯金は大切ですし、人によってはアルバイトをしていることもあるかもしれません。


とはいえせっかく社会保険労務士になったのですから、あくまでも社会保険労務士の資格を活かして収入を得ていきたいものですよね。というわけで、社会保険労務士になってすぐのころの収入を増やすためのヒントを、私が使った手や友人が使った手を少しだけですが、ご紹介しようかと思います。


求人社会保険関係の機関の臨時のお仕事
これは、どこに住んでいるかによっても変わりますが、自治体や、あるいは社保関係の事務所なんかが臨時の求人を出していることがあります。もちろん正規雇用なんかではありません。主に、一般の方向けに、社会保険関係の説明を一時的に手伝ってくれるスタッフを募集するパターンが多いですね。あまり高い報酬を出してくれるわけではありませんが、やはり社会保険労務士であると告げれば採用してくれる可能性はかなり高いです。


求人スクールのお仕事
資格のスクールでは、毎年必ず講師を募集しているものです(募集がよく出る時期と出ない時期の違いはありますが)。ちなみに、そのスクールの出身者でなくても雇ってくれることが多いですね。最近は講師への報酬も安めになっているかもしれませんが、それでも人に教える仕事である以上、大学生がやる家庭教師と同じかそれ以上の時給が出ることがザラにあります(しかも、それを週に何コマも入れることも不可能ではありません)。人前で講義をしなければならないというたいへんさや責任感はありますが、社会保険労務士はもともといろいろな人に会うのが仕事ですし、キャリアを築く上でプラスになることはいろいろと多いでしょう。