③仕事が軌道に乗るまではどれくらいかかるか

これから開業する人にとって、気がかりなこと。それは

「社会保険労務士が開業したら、仕事が軌道に乗るまでどれくらいかかるか」ということです。独身の人ならまだしも、妻子がいる人や、私のようなバツイチ子持ちなら尚さら。現状としては、仕事が軌道に乗るまでには、数ヶ月の人もいれば、数年かかる人もいます。その人によって、大きく変わるので、平均がないのです。


では、仕事が軌道に乗るまで時間がかかる人とかからない人との差は何でしょう。


それは、開業に向けての準備にあります。何も考えずに行き当たりばったりで開業してしまった人は、それだけ営業等を行うのが遅くなり、結果、仕事が軌道に乗るまでに時間がかかってしまうのです。


逆に、数ヶ月で仕事が軌道に乗った人は、開業に向けて経営や営業について勉強し、着々と準備を進めていた人です。開業は=経営者になるということなので、ただ単に仕事ができるだけでは、成功しません。経営力と営業力が物を言うのです。


私自身も社会保険労務士の試験勉強中から、開業に向けて、経営や営業の本を買って勉強したり、講演会に参加したりしましたが、それでも「もっと学んでおけばよかった」と後悔しました。

受験生の中には「試験の勉強をするだけで精一杯だから、後のことまで考えられない」、「合格するかわからないのに準備は進められない

と考える人はいると思います。私自身もそんなときもありました。でも開業してすぐに仕事を軌道に乗せるには、前もって経営や営業について学んでおかなければならないのです。

もちろん、開業後に勉強した人でも成功した人はいますが、ある程度の準備を進めてから開業したほうが成功する確率は高いと思います。


とはいえ、開業して1カ月目から仕事がバンバン来るというのは、ありえないので、最低でも半年の生活費は貯金しておいた方がよいですね。


開業社会保険労務士の主な収入源は、企業との顧問契約料です。これはある程度、長期的に収入が見込めるので、一度顧客を獲得すれば収入は安定します。

ちなみに、私の事務所の顧問契約料は、企業の規模によって変わりますが、だいたい月額5万。現在8社あるので、それだけで40万。+スポット収入があるので、月額60万くらいです。