●開業するためのヒント  ①いつ開業したらよいのか

士業の中では、一般企業に勤める割合が高い社会保険労務士ですが、それでも約6割は独立開業しています。会社員として企業に勤務するよりも、経営者として事務所を持つ人の方が多いということです。

勤務社会保険労務士か、開業社会保険労務士か、迷っている人のために、私なりに“開業するためのヒント”をまとめてみました。


受験生や新米社会保険労務士の方によく聞かれるのが「いつ開業したらよいのか」ということです。多くの人は開業するタイミングがわからず、

「あまり若くに開業しても仕事は来るのか不安だし、かといって高齢になってからだと、やっていけなさそうだし…」と思い悩んでしまうのです。


私自身の経験からすれば、ビジネスに年齢は関係ありません。それは、若いときに開業しても、高齢になってから開業しても、それぞれにメリット・デメリットがあるからです。


若い時だと…

<メリット>失敗してもやり直しがきく。お客さんにかわいがってもらえる。同世代からの依頼や相談が多い

<デメリット>経験不足。お客さんの信頼が得られない。

高齢だと…

<メリット>人生経験や社会経験が豊富。信頼度が高い。

<デメリット>健康や体力面が不安。


社会保険労務士だけに限らず、どんな職業も完璧な状態で開業できるということはありません。上記のようにメリット・デメリットはありますので、自分なりに戦略を立てて、弱点をカバーしていくことが必要です。


ちなみに、私は大学を卒業後、一般企業の総務部に就職しました。5年後、社内結婚しましたが3年で離婚。1歳になる子供を育てていくためにも、ある程度は自宅でできる仕事を、と思い1年間猛勉強をして社会保険労務士の資格を取得しました。OL時代に実務経験はあったので、事務指定講習は受けずにすぐに独立開業しました。いきなり開業することは、多少不安はありましたが、社会保険労務士会の先輩方が丁寧に指導してくれたので、思ったよりも早く仕事を軌道に乗せることができました。

「いきなり開業するのは無謀だ」という社会保険労務士さんもいますが、私はそうは思いません。人脈と営業力があれば、十分可能ですよ。


人気NO.1の通信講座

http://sharoushi-tsusin.com/