社会保険労務士の求人でよくある間違い

社会保険労務士試験の合格発表前後から、インターネットでは「社会保険労務士 求人」というキーワードで検索する人がグッと増えます。

企業に勤めていて、社会保険労務士の資格を取得したのであれば、就職先を探す必要はありませんが、社会保険労務士の資格を生かして就職するのであれば、求人募集をもとに勤務先を探さなくてはいけませんよね。

受験生の中には、社会保険労務士の求人募集について、間違った解釈をしている人もいますので、まずはその間違いを正していきましょう。


その1.

登録したからといって、社会保険労務士事務所から案内やお誘いが来ることはありません。


その2.

社会保険労務士の求人募集の数は少ないです。


その3.

社会保険労務士の登録をするより前に探しておかなければなりません。


社会保険労務士の試験勉強をしている間に人脈を作っていたり、すでに企業に勤めていて有能な人には、社会保険労務士試験に合格する前や、登録する前にお誘いが来るかもしれませんが、社会保険労務士の資格を取得したからといって、基本的に社会保険労務士事務所から案内やお誘いが来ることはありません。


インターネットで社会保険労務士の求人を探してみても、あまり数はありませんし、ハローワーク等に行ったとしても同じです。補助者の求人はあっても、社会保険労務士の求人はなかったり…。正直、あまり期待はできないですね。


社会保険労務士として企業に勤務するのであれば、最低でも登録前には、ある程度の人脈を作っておかなければ、登録後すぐに就職先が見つかることは厳しいでしょう。


「そんなに就職するのが厳しいのであれば、社会保険労務士の資格なんて取っても意味がないんじゃ…」

なんて、落ち込まないでください。求人募集を探す方法はあります。次のコンテンツを参考にしてくださいね。


<特集>現役社労士に聴けば求人の現状がわかる!